メンバー

メンバー


吉田 亮 / 代表取締役
1990年滋賀県彦根市生まれ岐阜県多治見市育ち。東京大学理科二類入学後、文学部日本語日本文学卒業。2013年より日本文化や歴史を後世に残す事業を開始、2016年法人化。日本初エグジットを前提としないソーシャルエンジェル出資で約1億円を資金調達。2018年6月に経済誌Forbes「日本の担い手99選」日本文化をこよなく愛する30歳。
ブログ Twitter Facebook


小沼晋 /プログラマー
電気通信大学卒。
Web開発に携わりインターネットに詳しいプログラマーです。ホトカミの基本システムを担当。大学在学時よりベンチャービジネス、スタートアップに関心がありDO THE SAMURAIに入社。

菊地広野 / ウェブエンジニア
1995年 埼玉県生まれ。國學院大學神道文化学部卒。大学卒業と同時に神職資格を取得(正階)。現在も武蔵二宮金鑚神社にて奉仕。中学・高校時代からウェブに興味を持つ。大学在学中にプログラミングスクールの講師を経験後、IT対応の遅れている神社界を少しでも変えていきたいという思いから、2018年よりホトカミを作るエンジニアに。主にサーバーサイドからフロントエンドのプログラム、デザインまで幅広く担当。
Twitter


陳芮(チェン ルイ) / デザイナー
中国広東省生まれ育ち。中国の国立中山大学卒。高校時代は中国唐や宋の時代の文化に興味を持ち、奈良では唐の文化を残していると知り、留学を決意。東洋文化に対し誇りを持ち、その精神の強さを信じ、東洋文化の発信や日中文化交流に貢献したく加入。ホトカミのデザインやブランディングを担当。


木村悠之介 / ライター
1995年神奈川県横浜市生まれ。東京大学大学院人文社会系修士2年。近代神道研究の入口を覗いている。現代神道や関連する諸文化の在り方を模索していきたいと考え、インターンとして参加。好きなものは図書館と古本。


立﨑理恵 / 編集
1997年生、千葉県千葉市育ち。慶應義塾大学文学部国文学専攻卒。幼少期の海外経験から日本の文化・風土に関心を持つ。日本の文化が好きで、その魅力を発信したいと考えホトカミの運営に参加。記事の執筆の他、SEOの改善や各ページの細かい文言の調整などを行う。


森沙緒莉 / 神社担当
1997年、神奈川県横浜市出身。國學院大學神道文化学部卒。家は神社で大学卒業と同時に神職資格を取得(正階)。‬‪神社の魅力をより多くの方に伝えたいとの想いから働く。デザインや記事の執筆など幅広く担当。


村上太郎 / データ分析
1993年生、東京都国分寺市出身。
神社お寺へのインタビュー記事や座禅の記事を執筆。インタビューの執筆を通して、神道や仏教の考え方へ感銘を受ける。
現在はホトカミ全体のデータを分析を担当。西行法師と上田秋成が好き。


Kevin Yang / データサイエンティスト
1998年生 中国上海出身。アメリカ ミネルヴァ大学3年。スタンフォード大学での1年間のインターンシップを経て、データサイエンスと機械学習に強い関心を持つ。日本文学が大好き。お気に入りは川端康成。


荒井日菜子 / 神社担当
1999年生、國學院大學神道文化学部在学中。ホトカミでは主に記事執筆を担当している。
果樹園を営む祖父母の下で経験した年中行事をきっかけに、日本文化への興味を抱く。
大学では神道について学び、日本文化の魅力を多くの人にわかりやすく伝えたいとの思いからホトカミに参加している。

坂下拓夢
坂下拓夢 / 寺社担当
2000年、岐阜県飛騨市生まれ。大正大学地域創生学部在学中。
祖父や地元の祭の影響で、小学生の頃から歴史や伝統文化に強く惹かれる。
現在は、人口減少社会における伝統文化の在り方について研究を進めている。ホトカミの理念と、自分の「地域と伝統文化、両者をより良い形で共存させることで、地域コミュニティに貢献したい」という想いに共通するものを見出し参加。
歴史学者の磯田道史先生と地元が好き。


星合崇代 / ライター
1998年生、埼玉県出身。一橋大学社会学部在学中。大学では日本近代史ゼミに所属。
小学生で和太鼓と出会い、その深く心に響く音に惹かれる。大学でも和太鼓サークルの代表に就き、様々な年齢層に和太鼓の魅力を発信することに奮闘する。そうした経験の中で、伝統文化の継承と発信の難しさを感じ、『日本文化と人々をつなぐ架け橋になりたい』という想いから、ホトカミへ参加する。

黒越 誠治 / 取締役 CCO

株式会社デジサーチアンドアドバタイジング創業者兼代表取締役として、宮内庁御用達老舗企業などのブランド構築事業や、NPOを含めた社会的な価値のある次世代の起業家支援を手がける。DO THE SAMURAIでは、縁の下の力持ち的存在。
経済産業省「Japan Venture Award2006特別賞」 / 経済誌Forbes掲載