会社設立にあたって

【誰がやっているのか?】

株式会社DO THE SAMURAI 代表取締役
東京大学文学部在学中より「サムライを切り口に、日本の文化や歴史に’楽しく’触れるきっかけをつくる」という志のもと、毎週、世田谷松陰神社の歴史資料館で塾を開講、史跡ツアー・歴史イベントを主催。
そして、2016年4月に法人化。仲間とともに新たなスタートを切りました。株式会社DO THE SAMURAIでは、
「’日本から世界へ”国内の地域から地域へ、日本人一人ひとりが文化や歴史を発信できる’外交官’に」というビジョンのもと、
地域の歴史ブランディングなど新たな事業に取り組んでいる。
個人ホームページ:samurairyo.com

【なにをやっているのか?】

DO THE SAMURAIでは、楽座、SAMULIFE、歴史ブランディングの三本の矢で事業を行っています。
1、楽座(歴史をリアルに体験)ー歴史イベント、史跡ツアー、講演、和文化体験を通して、リアルに日本に触れる場をつくります。
2、SAMULIFE(サムライフ)ーこのブランド商品を通じて、日本に、世界に、和の心を広げていきます。
3、歴史ブランディングーその土地のユニークな文化・歴史を再発掘し、付加価値を生み出します。

12936566_965788610171625_1541195828849529630_n(和服で花見をする会)

タイム(タイムスリップ戦国時代という歴史イベント)

【なぜやるのか?】

《日本のソフトパワーを高めたい》
弊社のビジョンは
「’日本から海外へ”国内の地域から地域へ’
日本人一人ひとりが文化・歴史を発信できる“外交官”に」です。
日本から海外へだけでなく、日本国内どうしでも地元を発信できる人にみんながなって欲しいと思っています。
そうすることで、日本全体の文化の質、つまりソフトパワーが高まります。

論語の「未来を生きる人たちは、先人がやったことではなく、先人がやろうとしたけどできなかったことをやるべきだ」との言葉に感銘を受け、人生を通して、世界平和のために生きようと決めました。

そのためには、食糧、エネルギー、難民問題などなど、様々な課題を解決する必要があります。

そのなかでも、日本、そして僕自身が何をすべきか、したいのか考えた結果、
日本のような経済成長が止まった国は、軍事力や経済力(ハードパワー)ではなく、
その国の文化や人の魅力(ソフトパワー)を磨いていくべきだ。
軍事力や経済力だけではなく、文化の力で、世界の信頼を得ていくような国が増えていくべきだ、日本をその一例にしたいと決めました。

そんな想いから、
「日本人一人ひとりが文化・歴史を発信する’外交官’に!」というビジョンを掲げています。

岐阜新聞画像(岐阜新聞にも取り上げられました。(5/18の岐阜新聞朝刊24面))

top_kanbai(真田幸村 辞世の句ふんどし 三日で完売)

【どうやっているのか?】

平日は恵比寿のオフィスにて、働いています。
土日は、歴史イベントや、松陰神社前での塾などをやっています。
エンジニア、デザイナーなども仲間にいて、お寺や神社のホームページ制作なども承っています。
歴史あるものの魅力を現代に再発見することが得意なチームです。

11200625_800485936701894_5073950167594444646_n(ムスリム向けハラールフードのPR)

18000_804300479653773_7045658926259291224_n(史跡ツアーの様子)

【最後に】

日本文化や歴史が好きな方、
歴史なんか勉強しても意味がないと言われたことがある方で、
その知識や情熱を生かして、働きたいという方を募集しています。

好きなことがひとの役に立ち、
仕事に直結するのは、とても幸せなことです。
いざ、出陣!

◇お仕事の依頼など含め、興味を持って下さった方は、
ryo@dothesamurai.comまでご連絡下さいませ。